木が邪魔になる

伐採

倒れる場所を想定

ガーデニングを行うときに邪魔になっている大きな木を伐採してしまうこともあります。ほかの植物に日があったてこないなど悪い影響を起こしているときは、根元から伐採していきます。一般的に伐採に使われているのがチェーンソーです。エンジンの力でチエーンについている、等間隔に並んだ刃を回転させることで、木の根元を伐採していきます。伐採を行ったときその木がどこに倒れこんでくるのか、注意をしなければなりません。伐採を行う木には多くの枝や葉がついていますので、慎重に倒す場所を決定しなければなりません。想定をしていた場所と違うところに倒れこんだときは、ほかの植物を巻き込んでしまったり、伐採を行っている人に向かって倒れこんでくることもありますので、十分に注意をしてください。

チェーンソーを使って

あらかじめチェーンソーで切り込む場所の下に、小さな切れ込みを入れることで強制的に倒れこむ方向を決めてしまう方法もあります。この切れ込みを入れて反対の方向から、チェーンソーで伐採していけば、切れ込みを入れた方向に倒すことが容易にできます。これは木の傾きや、枝葉の状態をよく見てから切れ込みを入れるようにしてください。あらかじめ大きな枝を切っておくと、容易に倒れこんでくる場所が想定できますので、ある程度枝を切ってから切れ込みを入れるようにしてください。伐採を行うときは、周りに人を近づけないように、またヘルメットなどの安全器具もしっかりと身に着けて行うようにしてください。チェーンソーの使い方もよく熟知してから行うようにしてください。

Copyright© 2017 伐採や芝生のお手入れを業者に依頼する〜任せられるプロの仕事〜 All Rights Reserved.