庭木を切る時の注意点

園芸用品

剪定は意外と手間がかかる

古い一戸建てなどには、祖父や父の代に植えられた庭木が、大きく成長していることもあるでしょう。季節に触れ、自然を身近に感じることのできる樹木も、手入れを怠ると大変です。きちんと剪定されず伸びるに任せてしまった樹は、台風などで倒れたとき家屋や隣接する施設に、大きな被害をもたらすこともあります。また、枯葉や害虫の発生で、近隣住民とトラブルになることもあるのです。また、葉を広げた樹木は、日光を遮ってしまうため、盆栽や鉢植えといった背の低い草花の成長を阻害することもあるのです。そうならないためには、きちんと手入れをすることが必要なのですが、手間も費用も掛かるため、必要のない樹木は下手に手を加えるより伐採や剪定した方が安上がりなのです。

自分で行う時のポイント

自分で伐採するときに、手っ取り早いからという理由で、電動丸ノコなどを使うことも厳禁です。電動ノコは乾燥し、しっかりと固定できる木材には使用できますが、不安定な状態の生木には使用できません。キックバックというトラブルが起きる可能性が高く危険ですので絶対に使わないようにしましょう。このように、伐採に慣れていない方が方法を誤ると危険です。そのため、できるだけ業者に依頼するようにしましょう。業者は短時間で木を切ってくれるので、効率よく作業を進めることができます。庭にある1本の木から伐採の対象となっているので、数が少ないからといって億劫になる必要はありません。また、伐採後の木の処理は依頼者の好きにすることができます。大切な木だった場合は、そのまま受け取ることが可能です。一方で処分して欲しい場合は、業者に伝えると作業終了時に持ち帰ってくれます。

Copyright© 2017 伐採や芝生のお手入れを業者に依頼する〜任せられるプロの仕事〜 All Rights Reserved.